生活に害を及ぼす動物や昆虫を駆除する方法を知ろう

賢く駆除する

ハクビシンを専門業者に駆除してもらったあとなどには、有効な対策をすることが大切になります。対策をすることで、確実に駆除をすることや予防をすることが可能になります。

専門業者に依頼する

アシナガバチ駆除をするときには、専門業者を利用することで、確実に駆除することが出来ます。駆除するときには、蜂の巣を取り除くことが大切に成ります。適切な対策をして、駆除をすることが出来ます。

被害について

ハクビシンが起こす被害として、騒音や悪臭などがあります。それらの影響で、快適な生活をおくることが出来なくなります。そのために、ハクビシン駆除をすることが大切になります。

ハクビシンの生態

魅力が詰まった業者の紹介を行なっています。害虫駆除を依頼するなら専門をしっかりと選ぶようにしましょう。

日常生活を過ごす場所はできればキレイな方がいいですよね?鳩対策をして生活環境を整えましょう。トラブルに悩む多くの人がこちらを利用しています。

中国や東南アジアから来たと言われています

ハクビシンは中国や東南アジアからの外来種と言われており、1940〜50年頃に日本でも生息が確認されてきました。可愛らしい猫のような外見とは裏腹に、農作物が食い荒らされたり、家屋に住み着いて糞尿で荒らして更に雑菌をばらまいてしまうなど、私たちの生活に深刻な被害をもたらしています。 また、ネズミなどとは違い大きいので、屋根裏などに住み着くと、夜中にドタバタと人が歩いているかのような音がするなどの騒音の被害もよくあるため、住みつかないような対策が必要です。人間のいるところならどこにでも生息出来ると考えられるため、都心などでも生ごみなどを食べたりすることで生きていける強い生物です。私たちにとっては害獣と言っても良い存在ですが、中国では食用にされたり、毛を毛筆として使ったりと馴染み深い動物と言えます。

ハクビシンが住みやすい環境が増えています

ハクビシンは都心にも生息できますが、今は市街地などにも増えてきていると言われています。低層のアパートや一戸建てのような屋根裏や、倉庫があるような家屋は住みやすいとされ、ハクビシンの好物である甘い果実の木などが多いのも郊外ですから当然とも言えます。 また、高齢化や核家族化などで全国に増えている空き家もハクビシンには丁度良い住処となりますから、まずはハクビシンの住みにくい環境作りの対策をしない限り、今後はますます個体数は増えていくと考えられます。一般家庭でできるハクビシン対策としては、家に侵入できないように、ちょっとした穴を頑丈に塞いだり、足場になるような木や塀を作らないない、倉庫などを放置しないようにするなどのちょっとした工夫で対策をすると良いでしょう。

住み着くとやっかい

シロアリが住み着くといろいろやっかいなことがおこります。シロアリは、木材を食べることなどによって、家が崩壊する危険性があります。そのため、早めのシロアリ駆除が必要になります。