生活に害を及ぼす動物や昆虫を駆除する方法を知ろう

賢く駆除する

日本には数え切れないほどの動物がいますが、イタチと非常によく似ている動物にハクビシンがいます。ハクビシンはジャコウネコ科の動物で、大きさで、だいたいが3キロぐらいの大きさになるので、非常に小さいです。近くに来ても人に直接危害を加えることは少ないですが、農作物を育てている場合その農作物が被害にあってしまったり、飼っているペットに攻撃を加えられたりと、デメリットが多く存在しています。また、お家の下に入ってきて床下に住み着きそこに糞をすることで悪臭があったりと、見た目はかわいらしい動物ですが、ハクビシンは駆除をしないと被害が広がっていくことが予測されます。

ハクビシンの駆除は素人では行えないように法律で定められているため、許可をとった上で行なう必要があります。そのためハクビシンへの対策時代を駆除業者に依頼するケースが増えてきています。ハクビシン対策のひとつとして、まずはできるだけ外に食べ物(餌となるもの)を置いておかないことが大切です。それから音が鳴るようなものを置いて、ハクビシンが近づいてくるのが怖くなるように対策をしましょう。あとはハクビシンを專門にしている業者の方に連絡をして、すでに侵入経路ができてるのであればそれを塞いでもらったり、家に住み着いてしまっているのならそこから出て行ってもらえるようにしたり、早い段階で対策を進めていくようにしましょう。遅くなればなるほど被害は拡大していきますし、そのままにしておいて家族で住み着かれてしまったケース等もあるようなので注意が必要です。